コスモールコイデ 小出仏壇
HOME 仏壇 墓石 葬儀 はと倶楽部 お位牌 盆提灯
会社概要・地図 このサイトについて お問い合わせ・カタログ請求
HOME > 葬儀 > お仏事豆知識
葬儀 お仏事豆知識 見積り参考例
ご存知ですか?いざ、と言うときのために
水引の結び方と用途
 
結び留め(蝶結び)

結婚以外のお祝い事や普通の進物に使います。何度あっても良い喜び事には、輪が二つできることから、お祝い事が重なってほしいという意味と、ほどけてもまたまた結べるところからそう呼ばれています。表書きの一例として、「粗品」「御祝」「内祝」「御中元」「暑中見舞」「御年賀」「寸志」「薄謝」等です。

結び留め
結び切り

結婚や弔事、餞別の際に使います。くり返さないことを願い、結び目がほどけないこの結び切りを用います。

結び切り
あわび結び

結び留めの一種で、「結び切り」「結び留め」のどちらの場合でも使用できます。

あわび結び
包み紙の重ね方

包み紙の重ねは、慶事の場合は、下から上へ。弔事の場合は、上から下へ重ねます。

●慶事の場合
「天に向かう喜びの心」を表わし、下から上へ重ねます。
慶事の場合
●弔事の場合
「大地に伝う悲しみの涙」を表わし、上から下へ重ねます。
弔事の場合
のしに関するタブー
「仏事にのしはつけない」

熨斗(のし)とは、貝のあわびをのしたという意味ですが、その昔祝い事には酒と海産物、なまぐさ物がつきもので、貝のあわびをのしたものが添えられていましたが、これが紙で代用されるようになり、仏事では殺生を避ける意味から、贈る金品には一切熨斗(のし)はつけません。魚介類や卵、肉等の贈り物は、贈答品そのものがなまぐさい物なので、慶事でも熨斗(のし)はつけません。

  のしに関するタブー
送り方のマナー
 
ふくさの使い方

祝儀袋・不祝儀袋はむき出しのままではなく、ふくさ(袱紗)に包んで持参するのが礼儀です。慶事と弔事で使い分ける約束事があります。

  慶事は右前に包む 弔事は左前に包む
はさみふくさも重宝

ふくさには、はさむだけの「はさみふくさ」というものがあり、金包みをはさむだけなので、慶弔における包み方の違いに気をつける必要もなく、金包みがくしゃくしゃになる心配もありませんので、便利です。

 
紫色のふくさは慶弔両用

ふくさの色は、慶事では、明るい色を、弔事では、グレーなど地味な色にしますが、紫色のふくさは、慶弔の両方に使えるので、一つあると便利です。

硬貨の包み方

硬貨の包み方を知っていると何かと重宝します。図は、懐紙・半紙を使った包み方です。

  硬貨の包み方
祝儀袋の書き方
 
祝儀・不祝儀袋の包み方
 
HOME | はと倶楽部 | 葬儀 | 仏壇 | 墓石 | 盆提灯 | 会社概要・地図 | お仏事豆知識 | このサイトについて ページTOPへ
  ご質問・お問い合わせ・カタログ請求はお気軽に。
コスモール・コイデ 0263-29-0001
株式会社小出仏壇 お仏壇、お葬式、墓石などトータルにご相談ください。0263-47-0001 島立から出川に移転しました。
Copyright (C) 2006 koide butudan Co.,Ltd.
株式会社 小出仏壇 〒390-0827 長野県松本市出川2-19-1(ヤマダ電機南) TEL.0263-47-0001 FAX.0263-87-2276
コスモール・コイデ 〒390-0832 長野県松本市南松本2-1-11 TEL.0263-29-0001 FAX.0263-29-0002